2016年9月7日水曜日

記事紹介 -- 窓ふきロボットが少しおかしくて、魅力的

窓ふき掃除ロボットの紹介です。

CNET
Window cleaning robot vacuum is a little ridiculous, a little adorable
http://www.cnet.com/products/windowmate/preview/





・窓ふきロボットWindowmateは窓にくっつけ、窓がきれいになるまで動きまわって掃除をしてくれるロボットだ。

・ベルリンで開催されたIFA trade Showで紹介され、2.5時間の充電で、最大90分間連続稼働が可能。 

・Windowmateは磁石で窓をはさんでくっつけており、もし充電がなくなったとしても窓から落ちることのないようになっている。 

・欠点として両側の窓から同時にくっつけないといけないため、窓が開かないところだと、だれかほかの人に協力してもらわないといけない。 

・一般家庭での普及以上に、お店での利用に市場価値がみいだせるかもしれない。 

・初期モデルは日本のみの販売だったが、IFAで紹介されたセカンドモデルはヨーロッパでも販売され、おそらく2017年にはアメリカでも販売されるとのこと。

以下が実際に動いている動画です。

まぁ、いくら強力な磁石とはいえ高層ビルの利用だと落ちた時危ないし、
やはりお店のウィンドウで広告兼、掃除というのがよさそうかも。


複数設置して、規則的な動作もできるようになると、よりおもしろそうですね。
こちら、日本のメーカーで 初期モデルは日本で販売されています。



セカンドモデルは確かに初期モデルと比較してデザインも洗練されていて、販路拡大しそうですね。

Windowmate の本サイト http://windowmate.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿