2016年9月2日金曜日

記事紹介 -- 火星生活シミュレーション



Year-Long Simulation of Humans Living on Mars Comes To an End
http://gizmodo.com/year-long-simulation-of-humans-living-on-mars-comes-to-1785865918



・1年にわたる火星生活のシミュレーションが終わりを迎える 

・6名のボランティアによって火星の地形に似ているハワイで実験が実施された。

・火星探査という隔離された状況での人体の影響をテストした。

・6名の参加者は外界との通信は、地球と火星の通信を想定して20分遅延するEmailだけ。

・物資は限られており、食事は4か月、水は2か月ごとの供給で、ドーム外では、重たい宇宙服の着用が必要・電気のストップや機器の故障などの緊急時のシミュレーションも行われた

・今回のプロジェクトの様子をクルーによって撮影した映像が発売予定であり、現在資金を募っている状況である。


以下のサイトに、今回のドキュメンタリーのトレイラーがあります。
https://vimeo.com/168119640

少し見てみましたが、結構楽しくやっているように見えました。
まぁ、映画やドラマみたく 殺し合いが始まったり、人間関係がもつれたりみたいなことはないのでしょうw
しかし、このドキュメンタリーを販売するのに資金が必要というのも、謎な気がします。
もともと販売を前提に撮ってたと思うんだけどなぁ。
現在$28000ほど集まり、目標金額の半分以上は達成している模様です。

0 件のコメント:

コメントを投稿